国別内訳 (Mt)

世界

-3.7%

サウジアラビアは、OPECの合意の下、2017年に原油生産を削減した.

原油生産は2017年に安定していた(0.1%)

2016年11月30日のOPEC諸国とOPEC以外の大手非OPEC生産国との間で、世界的な価格を押し上げてサウジアラビア、クウェート、アラブ首長国連邦またはアルジェリアの大幅な減産につながる石油生産を削減し、ロシアの安定した生産に合意した。この合意は、米国、カナダ、カザフスタンなどの非OPEC諸国やイランやナイジェリアなどの削減から免除されたOPEC諸国を誘発した世界原油価格の引き上げに成功した。イランの石油生産量は、国際的制裁の終了により、2015年から2017年にかけて1/3上昇した。
逆に、原油生産は、2016年の低価格が生産者に油田への投資を削減するように促したため、中国で2009年以来の低水準まで再び減少した。
メキシコでは1980年以来、ベネズエラでは1990年以降、石油生産量は最低水準に達したが、ブラジルでは引き続き増加したが、一部の大型生産国では生産が減少したため、中南米の石油生産は3年連続で減少した。

世界のエネルギー動向、2018年版

Enerdataは、G20諸国の2017年のデータに基づいて、世界のエネルギー市場の動向を分析します。

出版物をダウンロードする

Global Energy & CO2 Data

エネルギーの供給、需要、価格、温室効果ガス排出に関する包括的かつ最新のデータベースにアクセスする(189ヶ国).

無料トライアル

15
Oct

South African coal miner Exxaro helps Eskom with supply shortages issue

South African miner Exxaro Resources is looking forward to supply coal to state-run power utility Eskom, which is facing critical supply shortages and currently has fewer than 20 days of coal supply at 10 of its power plants in South Africa’s Mpumalanga province. The group suffers from significant financial difficulties and only focuses on supporting its coal-fired plants.

12
Oct

Tokyo Gas (Japan) plans to diversify its LNG procurement portfolio

Japanese gas utility Tokyo Gas intends to diversify its LNG procurement portfolio, but will not seek to raise its LNG purchases from the United States. The group recently began to receive LNG volumes from Dominion Energy’s Cove Point liquefaction terminal (Maryland, US) and has also signed agreements to purchase fuel from the Cameron LNG project (Louisiana, US). However, Tokyo Gas will rather seek to have the most diversified LNG supply portfolio as possible.

11
Oct

Last unit of Tarbela-4 hydro project synchronised to Pakistan's grid

Pakistan state-run hydropower company Water and Power Development Authority (WAPDA) has synchronized the third and last unit of the 1,410 MW Tarbela-4 extension hydropower project with the domestic power grid. The project is located on the Indus river in the Khyber Pakhtunkhwa region (Pakistan) and entails three turbine-generator units with a capacity of 470 MW each. With the completion of the project, the total capacity of the Tarbela power plant will increase from the current 3,478 MW to 4,888 MW.

10
Oct

Ghana starts to export power to Burkina Faso through a new 225 kV line

The governments of Ghana and Burkina Faso have inaugurated the 225 kV interconnection line, a 188-km long line spreading from Bolgatanga (Ghana) to Ouagadougou (Burkina Faso). The 100 MW line paves the way for exporting of power from Ghana to Burkina Faso.