国別内訳 (Mt)

世界

-3.7%

サウジアラビアは、OPECの合意の下、2017年に原油生産を削減した.

原油生産は2017年に安定していた(0.1%)

2016年11月30日のOPEC諸国とOPEC以外の大手非OPEC生産国との間で、世界的な価格を押し上げてサウジアラビア、クウェート、アラブ首長国連邦またはアルジェリアの大幅な減産につながる石油生産を削減し、ロシアの安定した生産に合意した。この合意は、米国、カナダ、カザフスタンなどの非OPEC諸国やイランやナイジェリアなどの削減から免除されたOPEC諸国を誘発した世界原油価格の引き上げに成功した。イランの石油生産量は、国際的制裁の終了により、2015年から2017年にかけて1/3上昇した。
逆に、原油生産は、2016年の低価格が生産者に油田への投資を削減するように促したため、中国で2009年以来の低水準まで再び減少した。
メキシコでは1980年以来、ベネズエラでは1990年以降、石油生産量は最低水準に達したが、ブラジルでは引き続き増加したが、一部の大型生産国では生産が減少したため、中南米の石油生産は3年連続で減少した。

世界のエネルギー動向、2018年版

Enerdataは、G20諸国の2017年のデータに基づいて、世界のエネルギー市場の動向を分析します。

出版物をダウンロードする

Global Energy & CO2 Data

エネルギーの供給、需要、価格、温室効果ガス排出に関する包括的かつ最新のデータベースにアクセスする(189ヶ国).

無料トライアル

08
Aug

Nigeria approves policy to reduce gas flaring

The Nigerian president has approved the Nigerian Flare Gas (Prevention of Waste and Pollution) Regulations 2018, which will be implemented under the National Gas Flare Commercialisation Programme (NGFCP). The national strategy is to provide a commercial approach to the elimination of routine gas flares by 2020 by mobilising private sector capital towards gas flare capture projects. The NGFCP mechanism for commercialisation works under a tender framework.

07
Aug

German CO2 emissions declined by 3% in first half of 2018

According to the German research bureau AG Energiebilanzen's (AGEB) preliminary estimates, energy-related CO2 emissions in Germany decreased by 3% in the first half of 2018, as primary energy consumption dropped by 1.1% (+1.5% weather-adjusted).

02
Aug

Iraq will double Nassiriyah oil production to 200,000 bbl/d

The Iraqi government has ordered the domestic state-held companies Dhi Qar Oil Company (DQOC) and Iraq Drilling Company (IDC) to move forward with the development of the Nassiriyah onshore oil field in the Dhi Qar province. Roughly US$140m will be dedicated to raise the asset's output from the current 90,000 bbl/d to 200,000/d by mid-2019.

01
Aug

GAIL and Adani sign 20-year regasification service agreement (India)

India's gas transmission and distribution company GAIL has signed a long-term agreement with the Adani Ports and Special Economic Zone (APSEZ) for regasification services on a use or pay basis to GAIL’s upcoming LNG import terminal at Dhamra in Odisha (India). As per the contract, GAIL will book 1.5 Mt/year (2 bcm/year) of LNG for a 20-year period and will supply gas to its customers in eastern India and to the Jagdishpur-Haldia gas network, which is currently under development.