logo Enerdata

平均二酸化炭素排出係数

2022年に新たな炭素係数増加(0.5%増)で、2°Cの経路からさらに遠ざかる。

平均二酸化炭素排出係数

2022年に新たな炭素係数増加(0.5%増)で、2°Cの経路からさらに遠ざかる。

22% higher


中国の炭素係数は依然として世界平均を大きく上回っており、2010年以降、年率1%未満しか減少していない。

2022年に新たな炭素係数増加(0.5%増)で、2°Cの経路からさらに遠ざかる。

世界の炭素係数(エネルギー消費量の石油換算トン当たりのCO2排出量)は、2021年に1.1%増と2013年以来の上昇を見せた後、2022年には再び0.5%増加した。一方、2°Cの経路を達成するには3%/年以上の削減が必要である。 この増加は、インドネシア、インド、サウジアラビアなど炭素係数の高い国々におけるエネルギー消費の増加、EU(原子力発電の減少と石炭火力発電の増加)、メキシコとロシア(石炭消費の大幅増加)におけるCO2集約的な電力ミックスによるものである。 一方、炭素係数は、中国と米国(電力部門で石炭からガスと再生可能エネルギーへの置き換えが継続)、韓国(原子力発電の増加)、ブラジル(水力発電の増加によりガス需要が減少)、南アフリカ(石炭火力発電所の稼働不能)で改善した。

国別内訳 (tCO2/tep)
Loading...
世界

トレンド 1990 - 2022 - tCO2/tep

Loading...
グローバル・エネルギー・トレンド - 2023年版

EnerdataのGlobal Energy and Climate Trendsレポートは重要な統計であるグローバル・ストックテイクおよびウクライナの紛争による天然ガスの危機を分析している。

出版物をダウンロードする
グローバル・エネルギー&CO2データ

Need more data? All the information presented in this energy data tool are extracted from Global Energy & CO2 Data service, the most comprehensive and up-to-date database on all CO2 emissions from fuel combustion by sector and sources, industrial process, waste, but also on CH4, N2O, PFC, SF6 emissions. Detailed indicators are available by country and by sector.

このサービスについて知る