国別内訳 (kep/$2015p)

世界

-2.8%

2018年のヨーロッパにおけるエネルギー効率改善.

2018年のエネルギー原単位改善は減速し、わずか1.3%の減少であった

世界のエネルギー原単位(GDPの単位当たりの総エネルギー消費量)は、2018年に1.3%減少し、その過去平均(2000年から2017年の平均で-1.6%/年)をわずかに下回りました。
エネルギー原単位のレベルと傾向は、経済構造とエネルギー効率の達成度の違いを反映して、世界の地域によって大きく異なります。
エネルギー集約型産業に重点を置いたエネルギー効率化政策により、中国のエネルギー原単位は2000年から2018年の間に約40%、昨年は2.7%改善しました。
長い間、中国は非常に高いエネルギー集約型産業に対応してエネルギー原単位削減目標を開発し適用してきており、それとともにエネルギー効率化サービスに対する強い需要をもたらしています。
米国のエネルギー原単位は、1990年から2017年にかけての減少傾向(-1.9%/年)と比較して、2018年には増加しました(+ 0.6%)。
世界で最もエネルギー原単位の低い地域である欧州連合では、エネルギー効率の改善が継続しており、2000年から2017年にかけて測定された年間削減率-1.8%/年と比較して、より高い割合(2018年は-3.1%)でした 。しかし、この結果に寄与したのは気象条件(穏やかな冬)でした。
CIS地域のエネルギー原単位は2000年以降継続的に減少していますが(-2.7%/年)、世界一高い水準を維持しています(世界平均の75%以上高い)。
CIS、中東、中国およびその他のアジアの発展途上国における高エネルギー原単位は、エネルギー集約型産業の優位性、商品輸出型経済およびエネルギー効率を促進しない低いエネルギー価格によって説明されています。

世界のエネルギー動向、2019年版

Enerdataは、G20諸国の2018年のデータに基づいて、世界のエネルギー市場の動向を分析します。

出版物をダウンロードする

Global Energy & CO2 Data

エネルギーの供給、需要、価格、温室効果ガス排出に関する包括的かつ最新のデータベースにアクセスする(189ヶ国).

無料トライアル

26
Aug

China added 11.4 GW of new solar PV capacity in the first half of 2019

According to the Chinese National Energy Administration (NEA), a total of 11.4 GW of new solar PV capacities was connected to the Chinese grid in the first half of 2019, i.e. less than half of the capacity added in the same period in 2018 (24 GW). The new capacity raised the country's total solar PV capacity to 186 GW (+20% increase compared to the first half of 2018). Centralised PV power plants capacity rose by 6.8 GW (+16%) to 130 GW, while distributed capacity surged by nearly 4.6 GW (+31%) to 55 GW.

31
Jul

US LNG exports reach 119 mcm/d in the first five months of 2019

According to the US Energy Information Administration (EIA), US LNG exports have been rising steadily since 2017, to 4.7 bcf/d (133 mcm/d) in May 2019. The recent LNG exports level makes the United States the third-largest LNG exporter in the first five months of the year with an average of 4.2 bcf/d (119 mcm/d), over the January-May 2019 period. The United States expects to remain the third-largest LNG exporter in the world in 2019-2020, behind Australia and Qatar.

30
Jul

Iran's renewable power capacity reached 760 MW in July 2019

According to the Renewable Energy and Energy Efficiency Organization of Iran (also known as SATBA), Iran's installed renewable power capacity reached 760 MW in July 2019. Most of this renewable capacity consists of solar PV (330 MW) and wind (300 MW). Currently, there are 115 renewable power plants operational in the country and another 32 facilities under construction, which will add 380 MW. According to the Energy Ministry of Iran, renewables have attracted more than IRR124,000bn (US$2.9bn) of investment in recent years and now cover nearly 1% of the power mix, allowing Iran to reduce its gas consumption by 1 bcm/year so far.

30
Jul

17 GW of US coal-fired power capacity will be retired by 2025

According to the US Energy Information Administration (EIA), operators of coal-fired power plants announced the retirement of 546 coal-fired power units totalling 102 GW of capacity between 2010 and the first quarter of 2019. The majority of retirements came in 2015, with 15 GW (mostly 130 MW units with 56 years of operation), followed by 2018 with 13 GW (mostly 350 MW units with 46 years of operation). Another 17 GW of coal-fired capacity will be retired in the United States by the end of 2025, including 7 GW by the end of 2019.


More news