logo Enerdata

定数PPPでGDPのエネルギー強度

2020年はエネルギー強度の改善が著しく減速(-0.4%。2000-2019年は年間-1.5%)

定数PPPでGDPのエネルギー強度

2020年はエネルギー強度の改善が著しく減速(-0.4%。2000-2019年は年間-1.5%)

国別内訳 (koe/$15p)
Loading...
世界

トレンド 1990 - 2020 - koe/$15p

Loading...

-4.2%


2020年の米国における新しいエネルギー効率改善は、2000-2019年のペースの2倍

2020年はエネルギー強度の改善が著しく減速(-0.4%。2000-2019年は年間-1.5%)

2020年における世界のエネルギー強度(総エネルギー消費量をGDPで割った数値)は、0.4%の減少があったのみで、歴史的趨勢(2000年から2019年にかけて平均で年間-1.5%)よりも減速しました。したがって、2°Cシナリオの達成に必要な年間3.5%減と再びギャップを広げたことになります。この減速は主として、経済活動に悪影響があったものの、同程度にエネルギー消費量が減少しなかった、2020年の景気後退を原因とします(景気下降は、エネルギー強度が高い業界だけでなく、サービス業種など全業界に及びました)。エネルギー強度のレベルと動向は、経済構造やエネルギー効率の達成に差があることを反映して、世界の地域ごとに異なります。 2000年以来、米国と欧州連合は(特に発電業界における)エネルギー効率の努力、それよりは程度が小さいものの、エネルギー強度が小さい産業部門への構造シフト、GDPにおけるサービス業種の割合の増加が実って、エネルギー強度を年間約2%削減しました。2020年には、この改善は、欧州連合で減速され(-0.6%)、米国では加速されました(-4.2%)。 2020年における中国のエネルギー強度は一定にとどまりました(2000-2019年の年間2.9%の改善に対して、+0.4%)。2020年には、中国のエネルギー強度は2000年のレベルの43%にとどまり、世界の平均値によりも27%高くなっています。 独立国家共同体(CIS)、中東、中国、アジア諸国の一部(台湾、韓国)でエネルギー強度が高いことは、エネルギー強度が高い産業が主導する、商品輸出型の経済であることやエネルギー価格が低いためにエネルギー効率が奨励されないことで説明されます。2020年には、エネルギー強度の増大が、アジア(特にインドと中国。反対に他の諸国では改善)、オーストラリア、中東、アフリカ(ナイジェリア、南アフリカで著しく増大。反対にアルジェリアとエジプトでが改善)、そして、程度は低くなるものの、ラテンアメリカ(メキシコを除く大部分の国々)で見られました。反対に、エネルギー強度がカナダとロシアで改善しましたが。世界の平均値よりもはるかに高い数値となっています。

グローバル・エネルギー・トレンド - 2021年版

COVID-19の影響と構造変化を含む、統合した2020年のエネルギーと排出量の統計と2021年の予測

出版物をダウンロードする
グローバル・エネルギー&CO2データ

Need more data? All the information presented in this energy data tool are extracted from Global Energy & CO2 Data service, the most comprehensive and up-to-date database on supply, demand, prices, indicators, and emissions, per energy sources.

このサービスについて知る

24

Jan

China added 53 GW of solar photovoltaic (PV) capacity in 2021, including 29 GW of distributed solar projects, according to the country's National Energy Administration (NEA). The country's total solar capacity reached 306 GW at the end of the year, with 107.5 GW of distributed solar (+29 GW in 2021, i.e., around 55% of all new solar PV capacity added in 2021). More than 40% (21.5 GW) of the total capacity corresponded to residential solar plants (compared to more than 10 GW added in 2020). In 2020, China had added more than 49 GW of solar capacity.

24

Jan

The combined production of fossil fuels (including natural gas, crude oil, and coal) in the United States increased by 2% in 2021, according to the US Energy Information Administration (EIA). In 2021, natural gas accounted for 46% of US production of fossil fuels, followed by crude oil (30%), coal (15%) and NGPL (9%). The public agency forecasts that the country's output of fossil fuels will continue to rise in 2022 and 2023, surpassing the 2019 production level and reaching a new record in 2023. Indeed, natural gas production in the United States, which increased by 2% in 2021, will expand by 3% in 2022 and 2% in 2023. US crude oil production will increase by 6% in 2022 and 5% in 2023, after +1% in 2021. US coal production, which rose by 7% in 2021, will grow by 6% in 2022 and 1% in 2023. Finally, natural gas plant liquids (NGPL) production increased by 4% in 2021 and will rise by 9% in 2022 and 4% in 2023. 

21

Jan

According to Trade Statistics of Japan, Japanese LNG imports declined by 0.2% in 2021 to 74 Mt. In 2020, Japan was the world's largest LNG importer, accounting for around 20% of global imports. However, LNG imports have been declining since 2017 and are now estimated to be lower than China's LNG imports, that grew by nearly 19% in 2021 according to preliminary statistics, making China the largest LNG importer worldwide in 2021.

21

Jan

Renewables accounted for 22.1% of the European Union's gross final energy consumption in 2020, compared to 17.4% in 2015, according to Eurostat. The regional bloc targeted 20% of renewables in gross final energy consumption by 2020. Sweden had by far the highest share among the EU Member States in 2020 (60.1%), followed by Finland (43.8%), Latvia (42.1%), Austria (36.5%) and Portugal (34%). The lowest proportions of renewables were recorded in Malta (10.7%), Luxembourg (11.7%), Belgium (13%) and Hungary (13.9%). France was the only country that missed its 2020 national goal for renewables of 23% with 19.1%. In addition, the share of renewables in electricity consumption rose to 37.5% in 2020 in the EU; they accounted for 23.1% of total energy use for heating and cooling and for 10.2% for transport.