国別内訳 (kep/$2015p)

世界

-2.8%

2018年のヨーロッパにおけるエネルギー効率改善.

2018年のエネルギー原単位改善は減速し、わずか1.3%の減少であった

世界のエネルギー原単位(GDPの単位当たりの総エネルギー消費量)は、2018年に1.3%減少し、その過去平均(2000年から2017年の平均で-1.6%/年)をわずかに下回りました。
エネルギー原単位のレベルと傾向は、経済構造とエネルギー効率の達成度の違いを反映して、世界の地域によって大きく異なります。
エネルギー集約型産業に重点を置いたエネルギー効率化政策により、中国のエネルギー原単位は2000年から2018年の間に約40%、昨年は2.7%改善しました。
長い間、中国は非常に高いエネルギー集約型産業に対応してエネルギー原単位削減目標を開発し適用してきており、それとともにエネルギー効率化サービスに対する強い需要をもたらしています。
米国のエネルギー原単位は、1990年から2017年にかけての減少傾向(-1.9%/年)と比較して、2018年には増加しました(+ 0.6%)。
世界で最もエネルギー原単位の低い地域である欧州連合では、エネルギー効率の改善が継続しており、2000年から2017年にかけて測定された年間削減率-1.8%/年と比較して、より高い割合(2018年は-3.1%)でした 。しかし、この結果に寄与したのは気象条件(穏やかな冬)でした。
CIS地域のエネルギー原単位は2000年以降継続的に減少していますが(-2.7%/年)、世界一高い水準を維持しています(世界平均の75%以上高い)。
CIS、中東、中国およびその他のアジアの発展途上国における高エネルギー原単位は、エネルギー集約型産業の優位性、商品輸出型経済およびエネルギー効率を促進しない低いエネルギー価格によって説明されています。

世界のエネルギー動向、2019年版

Enerdataは、G20諸国の2018年のデータに基づいて、世界のエネルギー市場の動向を分析します。

出版物をダウンロードする

Global Energy & CO2 Data

エネルギーの供給、需要、価格、温室効果ガス排出に関する包括的かつ最新のデータベースにアクセスする(189ヶ国).

無料トライアル

24
Jan

Renewables rose to 18% of EU final energy consumption in 2018

According to Eurostat, the share of renewable energy in the gross final energy consumption of the European Union (EU) rose from 17.5% in 2017 to 18% in 2018, progressing towards the target of 20% of renewable energy by 2020 and at least 32% by 2030.

20
Jan

Chinese coal production and imports rose by 4.2% and 6.3% in 2019

According to preliminary data from the National Bureau of Statistics, China’s fossil fuel production continued to rise in 2019. China’s raw coal production increased by 4.2% in 2019, in line with the continuing of the supply-side structural reform. Coal imports also rose by 6.3%, benefiting from declining prices. The decline in crude oil production since 2015 reversed in 2019, as the major domestic oil fields had a stable production growth trend and crude oil production rose by 0.8%. In addition, crude oil imports rose by 9.5% and inputs to Chinese refineries rose by 7.6%. China's gas production soared by  9.8% in 2019, while imports rose by 6.9%. Finally, power generation increased by 3.5%.

20
Jan

Peru's power generation rose by 3.8% in 2019

According to the Ministry of Energy and Mines of Peru, power generation in Peru rose by 3.8% in 2019. Thermal power generation grew by 5%, while renewable power generation increased significantly: wind power generation rose by 10% and solar generation by 2%. Hydropower generation posted a 29% surge in December 2019, compared to December 2018. In December 2019, most of electricity output was generated in the central zone of Peru (80%), 12% in the southern regions, 6% in the northern region and 1.5% in the east.

16
Jan

Electricity consumption increased by 1.1% in India in 2019

According to the Central Electricity Authority of India, electricity consumption increased by only 1.1% in 2019, its slowest annual pace since 2013. In December 2019, electricity consumption declined for the fifth month in a row, reaching 100.8 TWh (-0.5% compared with December 2018), despite a rise in consumption in the industrialised states of Maharashtra and Gujarat. Electricity consumption had fallen by 13% in October 2019 (compared to October 2018), its steepest drop in 12 years, reflecting a slowdown in industrial consumption. In October 2019, the IMF lowered its growth forecast for India by 0.9 point to 6.1% in 2019.


More news