logo Enerdata

定数PPPでGDPのエネルギー強度

2020年はエネルギー強度の改善が著しく減速(-0.4%。2000-2019年は年間-1.5%)

定数PPPでGDPのエネルギー強度

2020年はエネルギー強度の改善が著しく減速(-0.4%。2000-2019年は年間-1.5%)

国別内訳 (koe/$15p)
Loading...
世界

トレンド 1990 - 2020 - koe/$15p

Loading...

-4.2%


2020年の米国における新しいエネルギー効率改善は、2000-2019年のペースの2倍

2020年はエネルギー強度の改善が著しく減速(-0.4%。2000-2019年は年間-1.5%)

2020年における世界のエネルギー強度(総エネルギー消費量をGDPで割った数値)は、0.4%の減少があったのみで、歴史的趨勢(2000年から2019年にかけて平均で年間-1.5%)よりも減速しました。したがって、2°Cシナリオの達成に必要な年間3.5%減と再びギャップを広げたことになります。この減速は主として、経済活動に悪影響があったものの、同程度にエネルギー消費量が減少しなかった、2020年の景気後退を原因とします(景気下降は、エネルギー強度が高い業界だけでなく、サービス業種など全業界に及びました)。エネルギー強度のレベルと動向は、経済構造やエネルギー効率の達成に差があることを反映して、世界の地域ごとに異なります。 2000年以来、米国と欧州連合は(特に発電業界における)エネルギー効率の努力、それよりは程度が小さいものの、エネルギー強度が小さい産業部門への構造シフト、GDPにおけるサービス業種の割合の増加が実って、エネルギー強度を年間約2%削減しました。2020年には、この改善は、欧州連合で減速され(-0.6%)、米国では加速されました(-4.2%)。 2020年における中国のエネルギー強度は一定にとどまりました(2000-2019年の年間2.9%の改善に対して、+0.4%)。2020年には、中国のエネルギー強度は2000年のレベルの43%にとどまり、世界の平均値によりも27%高くなっています。 独立国家共同体(CIS)、中東、中国、アジア諸国の一部(台湾、韓国)でエネルギー強度が高いことは、エネルギー強度が高い産業が主導する、商品輸出型の経済であることやエネルギー価格が低いためにエネルギー効率が奨励されないことで説明されます。2020年には、エネルギー強度の増大が、アジア(特にインドと中国。反対に他の諸国では改善)、オーストラリア、中東、アフリカ(ナイジェリア、南アフリカで著しく増大。反対にアルジェリアとエジプトでが改善)、そして、程度は低くなるものの、ラテンアメリカ(メキシコを除く大部分の国々)で見られました。反対に、エネルギー強度がカナダとロシアで改善しましたが。世界の平均値よりもはるかに高い数値となっています。

グローバル・エネルギー・トレンド - 2021年版

COVID-19の影響と構造変化を含む、統合した2020年のエネルギーと排出量の統計と2021年の予測

出版物をダウンロードする
グローバル・エネルギー&CO2データ

Need more data? All the information presented in this energy data tool are extracted from Global Energy & CO2 Data service, the most comprehensive and up-to-date database on supply, demand, prices, indicators, and emissions, per energy sources.

このサービスについて知る

16

Jun

France’s greenhouse gas (GHG) emissions except LULUCF rose by 6.4% to 418 MtCO2eq in 2021, after a 9.6% drop in 2020, according to preliminary figures from Citepa, representing a 23% decline compared to 1990 levels. This 2021 increase is driven by higher GHG emissions in the transport sector (+11.5%, i.e. +13 MtCO2eq, including +12% for road transport), in manufacturing and construction (+7.2%, i.e. +5.2 MtCO2eq, including +21% for ferrous metallurgy), in the energy sector (+7.4%, i.e. +3 MtCO2eq, including +10% for power generation) and in agriculture (+5.5%, i.e. +3.9 MtCO2eq).

07

Jun

The European Union's greenhouse gas (GHG) emissions excluding LULUCF and international aviation decreased by -8.5% in 2020 to 3.7 GtCO2eq, according to the European Environment Agency. This reduction was due to the strong contraction in economic activity caused by the Covid-19 pandemic, with transport restrictions cutting CO2 emissions from road transport by 14% and the lower coal-fired power generation reducing CO2 emissions from the power and heat sector by 14%. Overall, the EU’s GHG emissions in 2020 were 34% below their 1990 level.

18

May

Iran exported 17 bcm of natural gas in the past year (March 2021-March 2022), according to the National Iranian Gas Company (NIGC), including 7.3 bcm to Iraq (43%) and 3.3 bcm to Turkey (19%). Around 98% of cities and 85% of villages in the country are connected to the natural gas transmission network. In 2020, Iran exported 11.3 bcm of natural gas and Iraq sourced 100% of its natural gas imports from Iran, totalling 5.7 bcm in 2020.

28

Apr

Greenhouse gas (GHG) emissions under the EU Emissions Trading System (EU ETS) rose by 7.3% in 2021, due to higher emissions from the power sector, industry and aviation; however, they remain below their 2019 levels.