国別内訳 (kep/$2015p)

世界

-2.8%

2018年のヨーロッパにおけるエネルギー効率改善.

2018年のエネルギー原単位改善は減速し、わずか1.3%の減少であった

世界のエネルギー原単位(GDPの単位当たりの総エネルギー消費量)は、2018年に1.3%減少し、その過去平均(2000年から2017年の平均で-1.6%/年)をわずかに下回りました。
エネルギー原単位のレベルと傾向は、経済構造とエネルギー効率の達成度の違いを反映して、世界の地域によって大きく異なります。
エネルギー集約型産業に重点を置いたエネルギー効率化政策により、中国のエネルギー原単位は2000年から2018年の間に約40%、昨年は2.7%改善しました。
長い間、中国は非常に高いエネルギー集約型産業に対応してエネルギー原単位削減目標を開発し適用してきており、それとともにエネルギー効率化サービスに対する強い需要をもたらしています。
米国のエネルギー原単位は、1990年から2017年にかけての減少傾向(-1.9%/年)と比較して、2018年には増加しました(+ 0.6%)。
世界で最もエネルギー原単位の低い地域である欧州連合では、エネルギー効率の改善が継続しており、2000年から2017年にかけて測定された年間削減率-1.8%/年と比較して、より高い割合(2018年は-3.1%)でした 。しかし、この結果に寄与したのは気象条件(穏やかな冬)でした。
CIS地域のエネルギー原単位は2000年以降継続的に減少していますが(-2.7%/年)、世界一高い水準を維持しています(世界平均の75%以上高い)。
CIS、中東、中国およびその他のアジアの発展途上国における高エネルギー原単位は、エネルギー集約型産業の優位性、商品輸出型経済およびエネルギー効率を促進しない低いエネルギー価格によって説明されています。

世界のエネルギー動向、2019年版

Enerdataは、G20諸国の2018年のデータに基づいて、世界のエネルギー市場の動向を分析します。

出版物をダウンロードする

Global Energy & CO2 Data

エネルギーの供給、需要、価格、温室効果ガス排出に関する包括的かつ最新のデータベースにアクセスする(189ヶ国).

無料トライアル

05
Nov

US wind capacity exceeds 100 GW mark

According to the American Wind Energy Association (AWEA), the installed wind power capacity in the United States has reached 100 GW in the third quarter of 2019 (from over 94 GW at the end of 2018), enough to supply power to 32 million US households. Wind installations accelerated in the third quarter of 2019, with 8 new large power projects totalling 1.9 GW commissioned.

04
Nov

GHG emissions under the EU ETS scheme fell by 4.1% in 2018

According to the annual report on the functioning of the European carbon market, greenhouse gras (GHG) emissions from installations covered by the EU ETS decreased by 4.1% (around 73 MtCO2eq) to 1,682 MtCO2eq in 2018, thanks to a 7.3% drop in emissions from the power and heat production sector (down to 913 MtCO2eq). Verified emissions from the industrial sector remained stable (-0.1%) at 769 MtCO2eq, while those from aviation grew by 3.9% to 67 MtCO2eq.

30
Oct

China installed over 28 GW of thermal power capacity so far in 2019

According to the National Energy Administration (NEA) of China, energy supply continued to improve in the first nine months of 2019: domestic crude oil production increased by 1.2%, compared to the same period of 2018, to 143 Mt, reversing three consecutive years of decline. Domestic gas production also grew by 9.5% year-on-year to nearly 128 bcm. Coal production should continue to increase, as 40 new large and medium-sized coal mines with a cumulated capacity of 196 Mt were approved during the 9-month period.

30
Oct

The US doubled their net gas trade during the first semester 2019

Between January and June 2019, the US net gas sales abroad reached 4.1 bcf/d (116 mcm/d) on average, a level two times superior to the net exports in 2018. According to the EIA, the expansion of US gas trade surplus is mostly due to the increase of LNG exports.


More news