logo Enerdata

総第一次エネルギー生産統計

世界のエネルギー生産量が、3年間の安定成長(毎年+2.4%)を見せた後に、2020年に3.5%減少

総第一次エネルギー生産統計

世界のエネルギー生産量が、3年間の安定成長(毎年+2.4%)を見せた後に、2020年に3.5%減少

国別内訳 (Mtoe)
Loading...
世界

トレンド 1990 - 2020 - Mtoe

Loading...

世界 の貿易 (2020) - Mtoe

Loading...

-5.9%


中東 における2020年のエネルギー生産量の減少

世界のエネルギー生産量が、3年間の安定成長(毎年+2.4%)を見せた後に、2020年に3.5%減少

COVID-19は、世界のエネルギー需要、したがってエネルギー生産量に甚大な影響を与えました。 以下が2020年のエネルギー生産量に関する主要データです: - 原油:-6.1%。石油製品に対する需要の世界的な落ち込み(輸送制限および産業における需要の低迷)が影響。そのため、OPECプラスは、原油の日量970万バレル減産を2020年5月と6月に実施。 - ガス:-2.5%。天然ガス生産量の米国における停滞と、ロシアおよび大部分の生産国(オーストラリア、中国、イラン、サウジアラビアを除く)における落ち込みが影響しました。 - 石炭:-4.5%。中国(+1.4%)とインド(+1.2%)における成長が、大部分の生産国(インドネシア、アメリカ合衆国、オーストラリア、ロシア、南アフリカ)の落ち込みに相殺された形になりました。 - 電力:-0.6%。中国では成長(+3.7%)したものの、大部分の国々で減産が見られました。 エネルギー生産量で成長が見られた国々としては、中国とインド(石炭生産)、ブラジル(原油生産量でかなりの成長)、韓国(原子力、水力、再生可能エネルギー発電)が挙げられます。 それと反対にエネルギー生産量が減少した国々としては、アメリカ合衆国(特に石炭)、ロシア(原油生産量が低下)、カナダ(オイルと天然ガスの生産量で落ち込み)、インドネシア(石炭と天然ガスの生産量で著しい落ち込み)、オーストラリア(石炭生産量が低下)があげられ、欧州連合(特にドイツとポーランドにおける石炭生産量)では減産が加速されています。 中東では、世界の景気の下降のために原油と天然ガスの需要が減少したために、エネルギー生産量(主として原油と天然ガスの生産)は著しく減少しました。そのため、サウジアラビアと他のOPECプラス加盟国は、2020年に歴史に残る原油の減産を実施しました。 エネルギー生産量の落ち込みは同じく、ラテンアメリカ(コロンビアで石炭生産が落ち込み、ベネズエラでの新しい生産も減少)やアフリカ(ナイジェリア、アルジェリア、エジプトで著しい減少)でも見られました。

グローバル・エネルギー・トレンド - 2021年版

COVID-19の影響と構造変化を含む、統合した2020年のエネルギーと排出量の統計と2021年の予測

出版物をダウンロードする
グローバル・エネルギー&CO2データ

Need more data? All the information presented in this energy data tool are extracted from Global Energy & CO2 Data service, the most comprehensive and up-to-date database on supply, demand, prices, indicators, and emissions, per energy sources.

このサービスについて知る

23

Nov

According to Brazil's National Electric Energy Agency (ANEEL), the installed wind capacity in Brazil has just reached the 20 GW milestone, from 17.1 GW at the end of 2020. More than 750 wind parks are operational in Brazil, and 90% of the installed wind capacity is located in the Northeast region.

10

Nov

According to the Ministry of Power, India has reduced its peak power deficit from 16.6% in financial year (FY) 2007-2008 to 0.4% in FY 2020-2021 (-16.2% points). Indeed, the country's power peak deficit fell from 18 GW in 2007-2008 to 0.8 GW in 2020-2021. Since 2008, India has installed over 240 GW of power capacity, including 139 GW of coal (58% of the total), 37 GW of solar (16%), and 28 GW of wind (12%). Over the same period, the country's electrification rate increased from 72% to 95% (+23% points).

04

Nov

According to Statistics Norway, greenhouse gas (GHG) emissions in the country declined by 3.5% in 2020 to 49.3 MtCO2eq (-1.8 MtCO2eq) thanks to a reduction in emissions from oil and gas extraction (-5%, i.e. -722 ktCO2eq), in air traffic (-32%, i.e. -356 ktCO2eq), and in road transport (-4%, i.e. -346 ktCO2eq, due to travel restriction, home office and the increasing share of electric cars and rechargeable hybrid vehicles). Overall, Norway’s GHG emissions in 2020 stood 4.2% below their 1990 levels.

25

Oct

According to Ireland's Environmental Protection Agency, the country's greenhouse gas (GHG) emissions decreased by 3.6% in 2020 to 58 MtCO2eq. The decrease in emissions is reflected in most sectors with the exception of increases in residential, agriculture  and public services. In the energy sector, GHG emissions fell by 7.9% (-0.74 MtCO2eq), as peat-fired power generation halved and renewable power generation increased noticeably (+15% from wind), covering 42% of the Irish power mix. Residential emissions grew by 9% (+0.59 MtCO2eq), as a result of colder temperatures, historic low oil prices (impacting heating choices), and home working. Emissions from transports fell by nearly 16% (-1.9 MtCO2eq) due to transport restrictions. Overall, Ireland's GHG emissions are still only 7% below 2005 level. The country committed under an EU agreement known as the Effort Sharing Decision to cut GHG emissions by 20% between 2005 and 2020.