logo Enerdata

総第一次エネルギー生産統計

世界のエネルギー生産量が、3年間の安定成長(毎年+2.4%)を見せた後に、2020年に3.5%減少

総第一次エネルギー生産統計

世界のエネルギー生産量が、3年間の安定成長(毎年+2.4%)を見せた後に、2020年に3.5%減少

国別内訳 (Mtoe)
Loading...
世界

トレンド 1990 - 2020 - Mtoe

Loading...

世界 の貿易 (2020) - Mtoe

Loading...

-5.9%


中東 における2020年のエネルギー生産量の減少

世界のエネルギー生産量が、3年間の安定成長(毎年+2.4%)を見せた後に、2020年に3.5%減少

COVID-19は、世界のエネルギー需要、したがってエネルギー生産量に甚大な影響を与えました。 以下が2020年のエネルギー生産量に関する主要データです: - 原油:-6.1%。石油製品に対する需要の世界的な落ち込み(輸送制限および産業における需要の低迷)が影響。そのため、OPECプラスは、原油の日量970万バレル減産を2020年5月と6月に実施。 - ガス:-2.5%。天然ガス生産量の米国における停滞と、ロシアおよび大部分の生産国(オーストラリア、中国、イラン、サウジアラビアを除く)における落ち込みが影響しました。 - 石炭:-4.5%。中国(+1.4%)とインド(+1.2%)における成長が、大部分の生産国(インドネシア、アメリカ合衆国、オーストラリア、ロシア、南アフリカ)の落ち込みに相殺された形になりました。 - 電力:-0.6%。中国では成長(+3.7%)したものの、大部分の国々で減産が見られました。 エネルギー生産量で成長が見られた国々としては、中国とインド(石炭生産)、ブラジル(原油生産量でかなりの成長)、韓国(原子力、水力、再生可能エネルギー発電)が挙げられます。 それと反対にエネルギー生産量が減少した国々としては、アメリカ合衆国(特に石炭)、ロシア(原油生産量が低下)、カナダ(オイルと天然ガスの生産量で落ち込み)、インドネシア(石炭と天然ガスの生産量で著しい落ち込み)、オーストラリア(石炭生産量が低下)があげられ、欧州連合(特にドイツとポーランドにおける石炭生産量)では減産が加速されています。 中東では、世界の景気の下降のために原油と天然ガスの需要が減少したために、エネルギー生産量(主として原油と天然ガスの生産)は著しく減少しました。そのため、サウジアラビアと他のOPECプラス加盟国は、2020年に歴史に残る原油の減産を実施しました。 エネルギー生産量の落ち込みは同じく、ラテンアメリカ(コロンビアで石炭生産が落ち込み、ベネズエラでの新しい生産も減少)やアフリカ(ナイジェリア、アルジェリア、エジプトで著しい減少)でも見られました。

グローバル・エネルギー・トレンド - 2021年版

COVID-19の影響と構造変化を含む、統合した2020年のエネルギーと排出量の統計と2021年の予測

出版物をダウンロードする
グローバル・エネルギー&CO2データ

Need more data? All the information presented in this energy data tool are extracted from Global Energy & CO2 Data service, the most comprehensive and up-to-date database on supply, demand, prices, indicators, and emissions, per energy sources.

このサービスについて知る

10

Sep

According to the Global Wind Energy Council (GWEC), 6.1 GW of offshore wind capacity was installed in 2020 (down from 6.2 GW in 2019), including 3 GW in China, 1.5 GW in the Netherlands, and 0.7 GW in Belgium. More than 35 GW of offshore wind capacity is currently operational, with 29% of the total in the UK, 28% in China and 22% in Germany.

27

Aug

South Africa’s total greenhouse gas emissions excluding FOLU (forestry and other land use) increased by 14% between 2000 and 2017 to 513 MtCO2eq, according to the country’s 7th National Greenhouse Gas (GHG) Inventory Report. The energy sector is the largest contributor to emissions excluding FOLU (80%) and is responsible for 97% of the increase over 2000-2017. Energy industries were responsible for 61% of emissions from the energy sector in 2017. This was followed by transport (13%), other sectors (9%) and manufacturing industries and construction (7%).

12

Aug

According to the Turkish Electricity Transmission Corporation (TEIAŞ), installed wind capacity in Turkey reached the 10 GW threshold in early August 2021. Most of the capacity is located in the Izmir province (1.7 GW), followed by Balıkesir (1,300 MW), Çanakkale (850 MW), Manisa (750 MW), and Istanbul (420 MW). Wind represented 10% of the installed capacity connected to the transmission network (10,010 MW out of 98,800 MW) and over half (51.9 GW) was considered "clean" electricity. In the first half of 2021, wind power accounted for around 9% of the power generation, replacing nearly US$1bn in gas imports.

06

Jul

According to preliminary statistics from the Indian Ministry of Coal, India’s production of non-coking coal and lignite declined by 1.7% in the fiscal year 2020-21 to 708 Mt, including 671 Mt of non-coking coal (-1%) and 37 Mt of lignite (-12%). Of the total output of non-coking coal, 96% was produced the public sector, including 83% by Coal India Limited (CIL). Most of the lignite was extracted by NLC India Limited (53%). The country imported 164 Mt of non-coking coal in 2020-21 (-17%), mainly from Indonesia (56%), South Africa (19%) and Australia (11%).