総エネルギー消費量

2016年の世界のエネルギー原単位が2%減少したのは、中国と米国でした

国別内訳 (Mtoe)

世界

4.6%

2016年のインドのエネルギー消費の伸び.

2016年の世界のエネルギー原単位が2%減少したのは、中国と米国でした

GDP(エネルギー強度)の単位あたりの総エネルギー消費量は、2016年に2%減少し、過去の傾向をわずかに上回っています(平均で-1.6%/年、2000年から2016年)。

エネルギーの強さのレベルと傾向は、経済構造とエネルギー効率の成果の違いを反映して、世界の地域によって大きく異なります。

欧州連合(EU)の削減は、世界で最も低いエネルギー強度を持つ地域であり、英国とフランスで顕著な改善をもたらした歴史的な傾向に従った。

アジアは、主に中国における石炭利用の減少のために、2016年に地域エネルギーの強度が最も低下した。

世界で2番目にエネルギー消費量の多い地域である北米は、穏やかな改善を達成しました。

CIS諸国は、欧州連合(EU)の3倍に近いレベルで、最も高いエネルギー強度を持つ地域のままである。

CIS、中東、中国および他のアジアの発展途上国における高エネルギーの強さは、エネルギー集約型産業、一次産品輸出ベースの経済、エネルギー効率を促進しない低エネルギー価格の優位性によって主に説明される。

世界のエネルギー動向、2017年版

Enerdataは、G20諸国の2016年のデータに基づいて、世界のエネルギー市場の動向を分析します。

出版物をダウンロードする

Global Energy & CO2 Data

エネルギーの供給、需要、価格、温室効果ガス排出に関する包括的かつ最新のデータベースにアクセスする(189ヶ国).

無料トライアル

15
Dec

JERA (Japan) plans to integrate EDF Trading LNG's business into JV

The Japanese fuel purchasing company JERA and the trading arm of the French energy group EDF have agreed to expand their existing cooperation venture and have signed a non-binding agreement to combine EDF Trading's LNG business into JERA’s standing coal and freight venture with EDF Trading.

12
Dec

Khobab and Loerisfontein wind parks come onstream (South Africa)

The renewable energy group Mainstream Renewable Power has commissioned the Khobab and Loeriesfontein wind parks in Loeriesfontein, in the Northern Cape region of South Africa. The two wind parks have a generation capacity of 140 MW each - 122 wind turbines together - and will supply the South African grid through a 132-kV line over a 20-year period.

08
Dec

Tokyo Gas seeks to buy volumes from 20 Mt/year Alaska LNG project (US)

The Japanese natural gas provider Tokyo Gas has signed a Letter of Intent (LoI) with the US company Alaska Gasline Development Corporation (AGDC) to purchase volumes from the proposed US$40bn Alaska LNG project (United States). However, the details of the potential purchase are still under discussion.

07
Dec

Growth of gas power generation in Southern states over 2006-2016 (US)

According to the United States Energy Information Administration (EIA), the share of natural gas in the total electricity generation in the Southern states increased over the 2006-2016 period from 25% to 42%, which is higher than the US average (34%). In the meantime, the share of coal in these states declined from 50% in 2006 down to 29% in 2016.