logo Enerdata

電力生産における風力と太陽光の割合

風力・太陽光エネルギーの割合は急速で一定した増加(2020年には1.2ポイント増)を見せて9.5%に到達

電力生産における風力と太陽光の割合

風力・太陽光エネルギーの割合は急速で一定した増加(2020年には1.2ポイント増)を見せて9.5%に到達

国別内訳 (%)
Loading...
世界

トレンド 1990 - 2020 - %

Loading...

% in electricity production (2020) - %

Loading...

15%


オーストラリアの電源構成における太陽光と風力が占める割合は2020年に2.9ポイントの伸びを記録

風力・太陽光エネルギーの割合は急速で一定した増加(2020年には1.2ポイント増)を見せて9.5%に到達

2020年には世界の電源構成における風力・太陽光の割合は1.2ポイント増を記録しました。この背景には、再生可能エネルギー発電がハイペースで成長を続けていること(風力は+12%、太陽光は+20%)、火力、特に石炭火力発電と原子力発電が衰退したことがあります。 洋上風力発電は、英国、中国、ドイツ、ベルギーにおける急増を受けて、16%の成長を見せました。これらの4か国は、5年がかりで20GW近くの能力を持つ洋上風力発電設備を稼動させました(この期間の世界の成長の90%近くに相当)。 この再生可能エネルギー発電施設の設置は、COVID-19パンデミックとそれに伴う景気の悪化の状況に妨げられることがなく、2020年には世界で126GWの太陽光発電電力、112GWの風力発電電力を追加するという、記録を打ち立てました。中国は、一国だけで、風力発電電力の追加分の65%(72GW)太陽光発電電力の追加分の39%(49GW)を占めます。風力と太陽光の発電をそれぞれ16%と21%増加させて、自らの電源構成における合計した割合を10%近くまで引き上げました。コスト減と意欲的な再生可能エネルギー政策により、風力・太陽光発電の成長が、米国(それぞれ+13%、18%、電源構成で合わせて占める割合は11%)、欧州連合(+2.7ポイントで、電源構成で占める割合は20%)、日本インド、オーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコで、継続して支援されました。風力・太陽光発電のテクノロジーは、小さな割合ながらも、ロシアとサウジアラビアでも進行中です。風力・太陽光発電は、(エジプトと南アフリカで割合が増加中ながらも)アフリカや、アラブ首長国連邦で急速に伸びつつはあるものの、化石燃料産出地域(独立国家共同体(CIS)と中東)でも、小規模にとどまっています。

グローバル・エネルギー・トレンド - 2021年版

COVID-19の影響と構造変化を含む、統合した2020年のエネルギーと排出量の統計と2021年の予測

出版物をダウンロードする
グローバル・エネルギー&CO2データ

Need more data? All the information presented in this energy data tool are extracted from Global Energy & CO2 Data service, the most comprehensive and up-to-date database on all renewable resources: hydro, wind, solar, geothermal and biomass. Access to the whole renewable value chain information: renewable energy production capacities by technology, power generation by technology, biomass, biofuels, and indicators.

このサービスについて知る

18

May

Iran exported 17 bcm of natural gas in the past year (March 2021-March 2022), according to the National Iranian Gas Company (NIGC), including 7.3 bcm to Iraq (43%) and 3.3 bcm to Turkey (19%). Around 98% of cities and 85% of villages in the country are connected to the natural gas transmission network. In 2020, Iran exported 11.3 bcm of natural gas and Iraq sourced 100% of its natural gas imports from Iran, totalling 5.7 bcm in 2020.

28

Apr

Greenhouse gas (GHG) emissions under the EU Emissions Trading System (EU ETS) rose by 7.3% in 2021, due to higher emissions from the power sector, industry and aviation; however, they remain below their 2019 levels.

21

Apr

India's crude oil production declined by 2.7% in the fiscal year 2021-2022 (April 2021 to March 2022) to 29.7 Mt, in line with the recent decrease in oil production due to ageing fields. Oil and Natural Gas Corporation (ONGC) produced 19.45 Mt of crude oil (-3.6%). With the economic recovery, refineries processed 242 Mt of crude oil in the fiscal year 2021-2022 (+9%), producing 254 Mt of petroleum products (+8.9%). In addition, natural gas output rose by 18.7% to 34 bcm in the fiscal year 2021-2022.

19

Apr

US greenhouse gas (GHG) emissions (including LULUCF) declined by 11% in 2020 to 5,222 MtCO2eq, i.e., 21% below 2005 levels, according to the United States Environmental Protection Agency. This was driven by an 11% decrease in CO2 emissions from fossil fuel combustion, primarily due to a 13% drop in transportation emissions driven by lower demand owing to the COVID-19 pandemic. In addition, power sector emissions also fell by 10%, reflecting both a slight decline in demand from the COVID-19 pandemic and a continued shift from coal to natural gas and renewables. In 2020, CO2 accounted for 79% of total emissions, followed by methane (11%), nitrous oxide (7%) and fluorinated gases (3%). Transport is the largest emitter sector (27%), followed by electricity (25%), industry (24%), commercial and residential (13%) and agriculture (11%).