国別内訳 (Mt)

世界

11%

トルコの石炭消費量の急増.

世界的な石炭消費の継続的な増加(+ 0.9%)はアジアでの増加(+ 1.8%)にけん引された

2018年の石炭消費量の増加は、2大石炭消費国であるインドと中国に牽引されました。トルコとロシアも需要の増加に寄与しました。
世界の石炭消費量の半分近くを占めている中国は、主に発電と鉄鋼、化学薬品、セメントなどの一部の産業部門に牽引されて、2年連続で増加しています。 2018年には、経済成長の鈍化とガス供給への懸念から石炭からガス暖房への切り替え意欲が減退し、石炭消費が再び増加しました。これは、繁栄を維持しながら経済を「グリーン化」しようとする以前の取り組みとは対照的です。
インドにおける主に産業および発電による経済成長、ひいては石炭の国内需要の一貫した増加は、再生可能エネルギーおよびよりクリーンでより効率的な技術の構築を上回っています。
石炭消費量の最大の減少は米国からのもので(-4%)、石炭火力発電所の廃止(2018年には15GWの設備が閉鎖された)、排出基準の強化、およびより安価な発電用の天然ガスの利用可能性によって、40年間で最低水準に達しました。欧州連合では、気候政策、再生可能エネルギーおよびガスとの競争の激化、およびCO2排出コストの増加(2018年には3倍の増加)により、石炭消費量は欧州で6年連続で減少しました。その反面、トルコの石炭需要は11%増加しました。

世界のエネルギー動向、2019年版

Enerdataは、G20諸国の2018年のデータに基づいて、世界のエネルギー市場の動向を分析します。

出版物をダウンロードする

Global Energy & CO2 Data

エネルギーの供給、需要、価格、温室効果ガス排出に関する包括的かつ最新のデータベースにアクセスする(189ヶ国).

無料トライアル

26
Mar

Global wind capacity increased by over 60 GW in 2019

According to the Global Wind Energy Council (GWEC), a total of 60.4 GW of wind capacity was installed worldwide in 2019 (19% more than in 2018), raising the global wind capacity by 10% to more than 650 GW.

25
Mar

India's carbon-free generation capacity rose by 72% over 2014-2020

According to the Indian government, the installed carbon-free capacity in the country increased by 72% between late March 2014 and the end of February 2020, from 81 GW to 139 GW. Around 55% of new installations between 2014 and 2020 (58 GW) were solar power plants (32 GW), followed by wind (17 GW, 29%) and large hydro (5 GW, 8%). In addition, 2.8 GW of other renewable sources (biomass, small-hydropower and waste-to-energy) and 2 GW of nuclear were added. Total investment in the Indian carbon-free energy sector reached US$75bn over the 2014-2020 period, with foreign direct investments accounting for 8% of it (US$6bn).

23
Mar

Global offshore wind capacity rose by 6.1 GW in 2019

According to the Global Wind Energy Council (GWEC), the global offshore wind power capacity increased by 6.1 GW to 29.5 GW in 2019. Offshore wind installations accelerated compared with 2018, when 4.5 GW were added, and accounted for 10% of the new wind power installations.

19
Mar

Renewables exceeded coal-fired power generation in the Netherlands in 2019

According to Statistics Netherlands (CBS), power generation in the Netherlands rose by 5.7% in 2019 to nearly 121 TWh (+6.5 TWh for net power generation). Most of the increase came from thermal power plants, especially from gas-fired power plants, whose power generation surged by 23% (+13 TWh at 71 TWh) in a context of low gas prices and high carbon prices; meanwhile, coal-fired power generation fell by 34% (-10 TWh at 17.4 TWh). According to CBS, renewable power generation rose by 18.5% (+3.5 TWh at 22.4 TWh) in 2019 (+8.5% for wind, including +14% for onshore wind, and +40% for solar), exceeding coal-fired power generation for the first time.


More news