logo Enerdata

国内オイル製品の消費量

2020年の急落後 (-9.2%)、グローバルな石油製品への需要が2021年に5%回復しました。これは世界的なロックダウンの緩和とそれにともなう移動性の増加によるものです。

国内オイル製品の消費量

2020年の急落後 (-9.2%)、グローバルな石油製品への需要が2021年に5%回復しました。これは世界的なロックダウンの緩和とそれにともなう移動性の増加によるものです。

国別内訳 (Mt)
Loading...
世界

トレンド 1990 - 2021 - Mt

Loading...

% in total consumption (2021) - Mtoe

Loading...

-2.9%


ドイツにおける石油製品の消費の減少。

2020年の急落後 (-9.2%)、グローバルな石油製品への需要が2021年に5%回復しました。これは世界的なロックダウンの緩和とそれにともなう移動性の増加によるものです。

石油製品への需要の伸びは、エジプトの+9.5%、南アフリカの+8.6%、およびナイジェリアの+8.1%を含むアフリカ (+7.8%)、北米 (+7.1%、米国の+7.8%を含む)、CIS (+5.8%)、および中東 (+5.3%) で見られました。石油製品の消費における上昇は、ラテンアメリカ (+4.5%)、ヨーロッパ (+4%、ドイツの-2.9%を含む)、およびアジア (+3.2%) でそれほど急速ではありませんでした。ただし、アジアでもインドは+5.5%になっています。実際、中国の石油製品の消費は2021年に2.2%しか上昇しませんでした。これは中国がゼロCOVID-19政策を取り、それによって輸送の需要が衰退したからです。 米国は2021年に世界最大の石油製品の消費国で、グローバルな消費量の17%を占めていました。中国 (16%) とインド (5%) がこれに続きます。

グローバル・エネルギー・トレンド - 2022年版

昨年の主要な数値の詳細な分析。現在の状況 (パンデミック後の回復およびウクライナでの戦争によるエネルギー危機) に関連する見通しを含む。

出版物をダウンロードする
グローバル・エネルギー&CO2データ

Need more data? All the information presented in this energy data tool are extracted from Global Energy & CO2 Data service, the most comprehensive and up-to-date database on crude oil, NGL, non-conventional oil and refined oil products: production, trades, reserves, transformation, prices, consumption per sector and indicators.

このサービスについて知る